登録団体情報

2021年03月26日(登録日)

メンタルサービスセンター

団体からの一言:
あなたの心のデトックス、応援します。

団体情報

設立目的 「本来、暴力・虐待が好きな人はいないはず.
 なくそう、暴力・虐待!!
 あなたの力も必要としています.」
を合言葉に、平穏な家庭・地域社会を実現するため、心理相談活動・研修会やワークショップを提供してきました。

特に、DV・性暴力・いじめ問題・成人した虐待被害者の後遺症・PTSDのケアの問題に積極的に対応しており、そのためのノウハウを蓄積してきました。また、DV根絶を目指してのソーシャルアクションも積極的に展開することもミッションとしています。
主な活動 メンタルサービスセンターは,1990年の設立以来,様々な精神的問題の解決を望んで訪れる方のために,最新のアプローチを積極的に取り入れたカウンセリング・心理療法を提供し,着実な実績を積み上げてきました。
 
同時に,独自な研修会やワークショップの開催,カウンセラーの成長のための教育分析・スーパーヴィジョン等を通じて,質の高い心理臨床サービスを提供してきました。すなわち、
①人々の健康と成長を促進する場
②尊厳を回復する場
③効果的な援助ができる専門家の支援の場
これらの実現を目指して、活動しています。

【当団体が提供するプログラム】
■ 心理相談部門
・電話相談
・来所カウンセリング

■ 専門家向けプログラム
・スーパーヴィジョン/教育分析的カウンセリング
・《学派や立場を超えて~ミルトン・エリクソンに学ぶ》カウンセリング研究会→第1水曜日夜、講読会.

■ 箱庭療法部門
・箱庭療法ワークショップ→One Dayで開催.
・箱庭療法講座〔全5回〕→各日6時間.箱庭をセッションで効果的に活用するためのトレーニング.
・箱庭療法研究会→第3火曜日夜
・箱庭療法・個人セッション→完全予約制

■ DV問題への取り組み
・DV加害者更生プログラムの実施
①加害者専門カウンセリング→完全予約制
②加害者自助グループ→第2・4水曜日夜
③DV克服ワークショップ→土日,3ケ月毎に開催
・DV被害者のためのカウンセリング
・ストップ.ザ.DV研究会→3ケ月毎・第2火曜日夜
・DV加害者心理療法研修会→土日,不定期開催
・DV被害者対応スキルアップ研修会→夏・冬,土日

■ パープルリボン・コンサートの開催
広く音楽家に呼びかけて、「stop セクハラ・DV・性暴力」を目指す《パープルリボン・コンサート》を、2017年より毎年、11/25=国連・女性に対する暴力撤廃デーの前後の日程で、現在まで3回、主宰・開催しています.
※パープルリボンは、DV,セクハラ,性犯罪,他、女性に対する暴力撤廃運動の国際的シンボルマークです。
◆参考となる活動報告としての文献
=草柳和之 「DV根絶を目指すコミュニティ音楽療法の活動――それは作曲委嘱からはじまった」 『東京音楽療法協会30周年記念誌』
◆本文ダウンロード→→https://researchmap.jp/kusayanagi/misc/25685166

━━━━━━━━━━━━
【発/行/物】
※詳しくはサイトをご覧になるか、電話でお問合せ下さい.
◆男性向けDV問題啓発小冊子→1部100円

◆《DV防止キャンペーン音楽No.1》
野村誠作曲「DVがなくなる日のための『インテルメッツォ(間奏曲)』」(2001.ピアノ曲)
→作曲者による演奏CD=1,800円.楽譜=800円.
・野村誠⇒https://makotonomura.hatenablog.com/

◆《DV防止キャンペーン音楽No.2》
草柳和之作詞/野村誠作曲『DV撲滅ソング~DVカルタを歌にした』(2014)→楽譜=800円.

◆DVカルタ→ユーモアあふれるDV問題啓発ツール。
全44枚の読み札・絵札、解説書から構成=1,300円.

◆研修会記録映像・面接実演と解説
→《DV被害者支援スキルアップ研修会》,《東京加害者臨床研究会》,他. 各定価=500円.
活動エリア 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
代表者名 草柳和之
連絡担当者名 草柳和之
連絡先

電話番号:0339936147

団体所在地 東京都練馬郵便局留(カウンセリング・ルーム →JR池袋駅北口徒歩10分)
団体種別 任意団体
設立年月日 1990/04/01
関連URL(ホームページ) http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/

相談窓口

相談窓口 DV加害男性専門相談
ご相談の種類

電話相談/面接相談

ご相談の対象 男性/女性でも性自認が男性の方
年齢制限など なし
対応相談員の性別 男性相談員
相談窓口に対する詳細 ①DV加害男性専門相談
→来所相談は電話による完全予約制.初回電話相談は無料.

②妻・恋人への暴力を止めたい男性のための~DV加害男性自助グループ
http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/DV%20Perpetrator%20SHG.html
→毎月第2・4木曜日,pm7:00~9:00、都内

③妻・恋人への暴力を止めたい男性のための~DV克服ワークショップ
http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/DV%20Conquer%20Workshop%20page.htm
→DV克服ワークショップは2・5・8・11月、3ケ月ごとに、都内・土日で開催されます.土曜日[pm7:00~9:00]+日曜日[am10:00~pm5:00]=通い・要予約=

以上の3種類をセットにした加害者更生プログラムを実施しています。健康なパートナーシップを身につけ、新たな生き直しを支援していきます。

■当心理相談機関のDV加害者更生プログラムについて
→http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/Treatment%20Program%20for%20DVperpetrators%20page.htm
相談窓口 DV男性被害者専門相談
ご相談の種類

電話相談/面接相談

ご相談の対象 男性/女性でも性自認が男性の方
年齢制限など なし
対応相談員の性別 男性相談員
相談窓口に対する詳細 パートナーから暴力を受け、理不尽な思いに満ちた生活から、自分自身を取り戻すための支援を提供しています。混乱を整理し、何から解決へ向けて立て直していくのかの道筋をつけていきます。専門的なPTSDのケアも実施します。
相談窓口 性暴力加害専門相談
ご相談の種類

電話相談/面接相談

ご相談の対象 男性/女性でも性自認が男性の方
年齢制限など なし
対応相談員の性別 男性相談員
相談窓口に対する詳細 チカン行為・セクハラ加害・性虐待加害などの性暴力加害を克服し、性的健康度を高め、性加害を生み出す悪循環を修正して、トータルな再犯防止を支援します。
相談窓口 性暴力男性被害者専門相談
ご相談の種類

電話相談/面接相談

ご相談の対象 男性/女性でも性自認が男性の方
年齢制限など なし
対応相談員の性別 男性相談員
相談窓口に対する詳細 性虐待被害を受けると、「同じパターンで人間関係が壊れる」「感情コントロールの困難」等、多様で複雑な生きにくさが生じます。そのような方が自分を取り戻し、より良い生き方を目指す支援を提供します。PTSD・パニック症状・解離症状・他がある場合、効果的な専門的アプローチも実施します。

マイページ

お問い合わせ